日本人を引き付けて離さないiPhoneの魅力

iPhoneの初登場

iPhoneが最初に世に発表されたのは、2007年1月9日に行われたアメリカのサンフランシスコで開催されたMACWORLD SAN FRANCISCOの事です。当時のAppleのCEOであったスティーブ・ジョブズから革新的なアイテムだと表現された通り、当時のスマートフォンにはない魅力が沢山つまったアイテムでした。

フロント画面は、タッチ操作することができる静電式の液晶パネルを搭載、背面側は、アルミニウムボディと現在のiPhoneに近い仕様となっておりました。iPhoneでは、デジタルオーディオプレイヤーの機能や通話機能、インターネットを閲覧する機能、電子メールを送受信することができる機能を併せ持った小型のパソコンのような機能のある、これまでのスマートフォンではない、全く新しいタイプの携帯型情報端末となっておりました。

初代のiPhoneのスペックは、背面カメラは200万画素、フロントカメラは搭載されておらず、重さが135g、30ピンDockコネクター、3.5mmヘッドフォンジャックといった仕様になっております。 初代のiPhoneが発売されたのは、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、アイルランド共和国、オーストリアにとどまり、日本やアジアでは発売されませんでした。