日本人を引き付けて離さないiPhoneの魅力

日本初のモデル

初代iPhoneは日本で発売されなかったために、日本初上陸となったのは、後続モデルのiPhone 3Gになります。初代iPhoneが発売されてかた一年後となる2008年7月11日に、ソフトバンクの独占販売という形で登場しました。このiPhone 3Gは、現在のようにオンラインでの事前予約をすることができませんでした。その為、先行販売の行われたソフトバンク表参道店では、1400人以上の大行列ができるなど多くの方の関心を集めることになりました。

初代のiPhoneの発売から一年程度ということもあり、大幅なアップデートはないかと思われましたが、搭載されているOSのバージョンがiPhone 2.0になったことで、App Storeを通じてアプリを個別追加できるようになったり、コピー・アンド・ペースト機能の実装、MMS、Bluetoothのステレオモードなどより使いやすいようなiPhoneに生まれ変わりました。

iPhone 3Gのお値段は、一括購入価格で、8GBモデルが6万9120円、16GBモデルが8万640円となっておりました。ただし、「新スーパーボーナス」を利用して24回の分割払いを設定、なおかつ新規に購入した場合は、8GBモデルが2万3040円、16GBモデルが3万4560円と信じられないくらい割安となった。