日本人を引き付けて離さないiPhoneの魅力

日本でのiPhone

世界のスマートフォンのシェア率では、iPhoneは4位になりました。しかし、日本国内では、いまだにiPhoneはトップを走り続けております。なぜここまで日本人は、iPhoneに対して異様な愛情を持ち続けているのでしょうか?

最も大きな要因となっているのが、日本国内の経済状況です。新型コロナウイルスによって不況となってはおりますが、それでも世界の平均よりも、かなり高い生活水準を保っております。世界では、iPhoneはお金持ちのスマートフォンといった認識があるように、誰でもiPhoneを購入することができるといった状況ではないのです。iPhoneが欲しくても買えない方は、Android系のスマートフォンを所有するしかないのです。

また、iPhoneは、日本国内では携帯ショップと一緒に契約するスタイルで販売されておりました。携帯ショップと一緒に契約すると、定価よりもリーズナブルな価格でiPhoneを入手することができました。中には、半額以下で購入することができる事もあり、海外よりも買いやすい環境が整っていたことも、iPhone人気を後押しすることとなりました。その為、多くの方がiPhoneを所有することができるようになり、今のようなiPhoneのシェア率が高い国が出来上がったのです。