日本人を引き付けて離さないiPhoneの魅力

iPhone人気

スマートフォンの定義は、フィーチャーフォンとは違い、パソコンに近い性質をもった情報端末となっておりますのでiPhoneはスマートフォンの一種です。しかし、Appleでは、iPhoneの事をスマートフォンと表現しません。他のAndroid系のスマートフォンメーカーが、自社ブランドの端末のことをスマートフォンと表現することを気にしておりませんので、Appleだけが特別なのかもしれません。Appleはこういった自社ブランドのアイテムをブランディングすることを得意としております。他のスマートフォンとの差別化を図るといった目的もあるのだと思います。

Appleは、iPhoneを発表したことによって、現在のスマートフォンの礎を築くことに成功しました。今でこそSamsungやHuweiなどのAndroid系のスマートフォンにシェアを奪われており、スマートフォンのシェア率は、世界第三位となっておりますが、それでも日本国内では、iPhoneのシェア率は、いまだにトップを維持し続けております。iPhoneのシェア率の低下は、高級路線のiPhoneシリーズを欲しいけど手が出ないためにAndroid系のスマートフォンで我慢しているといった国もあるために、単純にiPhoneとAndroidのどちらが優れているかを決めるものではないと言われております。しかし、iPhoneとAndroid系のスマートフォンは、どちらもそれぞれメリットとデメリットがあり、十分なスペックを備えておりますので、選ぶのが大変です。


≪関連ピックアップサイト≫
世界的に見るとAndroidのシェア率が高いですが、国内で見るとiPhoneの人気が高まっています。iPhoneの修理を行う店舗も増えていますので、バッテリー交換などの修理が必要になった場合も安心です ≫ iPhoneのバッテリー交換